14.fevrier.2010 ヴァンヴの蚤の市
a0153518_2316863.jpg

パリの蚤の市と言えば、"クリニャンクール"、"ヴァンヴ"が有名でしょうか。
るるぶとかことりっぷにも載ってますね^^
誰かが大切にしていた物だったり、古い物だったり、
蚤の市はそんな物語を秘めた宝物の市場のようで大好きです。

といっても、「庶民的」というガイドブックの言葉に惹かれて、ヴァンヴの蚤の市しか訪れた事がないのですが。

今回も、もちろんヴァンヴへ!
a0153518_23212258.jpg

メトロを乗り継いで、porte de Vanves駅で下車。
晴れていて良かった!
a0153518_2341719.jpg

冬の朝の、冷たく澄んだ空気が、まだ心地よく感じます。(この日の気温、2℃。のちに凍えて泣きそうになる)

お店を見て回りながら、目をきらきらさせた陽気なおじさんやおばさんとお話しするのが楽しい。

"この時計、とてもキレイでしょ?ここのフォルムが..." と、こだわりをもって説明してくれたり、
"どこから来たの?日本?オハヨウゴザイマスー笑" と、得意気に日本語を使いながら、気さくに話しかけてくれたり。
a0153518_232416.jpg

おじさんたちとのお喋りが楽しいと、何か買っちゃおうかな?という気分になる。
誰かの思い出の詰まったモノが、さらに思い出深いモノになるんじゃないだろうか。

そうしたやりとりやエピソードがあるから、ここでの買い物は楽しい♪
また次の旅行でもきっとここに遊びに来ると思う。
[PR]
by monchan412 | 2010-02-19 23:44 | FRANCE
<< 14.fevrier.2010... 13.fevrier.2010... >>