フランソワ・オゾン「8人の女たち」
a0153518_2155022.jpg

2年前のこと。
ヴィシーへ留学中に「8人の女たち」で使われている歌でディクテした。
と、別のクラスの子から聞いて知った映画。

フランス映画にあまり詳しくない私でも分かるほどの大女優のオンパレード!
見応えあります。
フランソワ・オゾン監督は、女優ばかりが出てくる映画を撮ってみたかったそう。

密室の中、マルセル(この映画で唯一映像に出てくる男性)が殺された。
居合わせた8人が、犯人はこの中のいったい誰かを追及する中で、様々な真相が明らかになっていく...
のが物語の大筋です。

話は深刻だし、
明らかになっていく真相は重たい内容だし、
どろどろした女の残酷さや計算高さが全面に出ているというのに...

劇中には歌あり踊りありで、ミュージカルのよう。
服装もポップな色調。

不思議と楽しく、軽く観られる映画でした。
後に引きずる感じもなくって良いです。

思いつきで借りてみたんだけど、結構引き込まれて観てしまった。
フランソワ・オゾン監督の他の作品も観てみたいなぁ。
[PR]
by monchan412 | 2010-12-04 21:34 | 映画・演劇
<< アンヌ・フォンテーヌ「ココ ア... youtube動画公開しました〜 >>