DURANCE:::Brume d'oreiller
私の好きなものは、あとあと調べてみたらフランスと繋がりがあった、というものが結構あります。

例えば私が初めて買った、部屋で焚くアロマオイル。
新宿のキャトルセゾン(今はアトリエパリジェンヌに店名が変わっています)に置かれていたDuranceのものでした。
現在も気に入ってたまに使っています。
a0153518_1283362.jpg

11月のパリ旅行で、初めてDuranceの路面店に行ってきました。
サンジェルマンデプレのお店で、メゾンデュショコラやお気に入りの本屋、シャントゥリーブルの近くにあります。

こじんまりしたお店は、ナチュラルで心地よい香りに満たされていて、所狭しと香りものの商品が並んでいます。
a0153518_129359.jpg

今回買ったのは、Brume d'oreiller(ピロースプレー)。
同期のKちゃんが分けてくれたロクシタンのピロースプレーが少なくなってきたので、何か新しいピロースプレーが欲しかったのです。
(ちなみにロクシタンのはファイブハーブスの香りですよ♪)

たくさん香りの種類があって、お店の人が試させてくれました。
甘めの香りと迷ったけれど、最終的に決めたのは菩提樹の花の香り。
すっきりした香りの中に、ちょっとスモーキーでしつこくない甘さが感じられます。
不思議と落ち着く香りです。

菩提樹の花がどんなパワーを持っているか調べてみました。
ストレスなどの鎮静作用、安眠効果があるそう。
疲労回復、神経性の頭痛にも良いそうですよ。

また、菩提樹の葉はハーブティーとしてフランスではポピュラーなようです。
枝には利尿作用、脂肪分解、発汗作用もあるみたい。
どんな味なんだろうー??

Duranceは、南仏プロヴァンス地方が発祥。
製品に使用するエッセンス・香料はできる限り自社の畑で有機栽培し、
その他の香料も厳選されたものを使用しているそうです。
いつか工場見学とかいってみたいなぁ。
[PR]
by monchan412 | 2010-12-12 12:25 | living!
<< 辛味絶佳!な生姜飴 Poilaneのアップルパイと... >>