ホセ・ルイス・ゲリン「シルビアのいる街で」

シルビアのいる街で [DVD]

紀伊國屋書店


キレイな映画ということで、気になっていた作品。
フランス・ストラスブールを舞台に「シルビア」という女性を探す青年を映した映画。

とにかく台詞が少ない。
街の喧噪やカフェでのお喋りの声、何気なく行き交う人々に意識が向きます。
季節は夏でしょうか。
映画の結末ははっきりしていないんですが、そのぼんやり感がこの映画には合ってる気がします。

ひたすら街中を歩き回るだけなんですが、
不思議とゆったりした懐かしい気持ちになります。
好きだなー。

個人的には真夏の暑い午後に見るの、すごくおすすめ。
ぜひ、エアコンを付けずに!(さすがに扇風機は付けました...あちぃ)

a0153518_1437552.jpg

映画を見てたら途中で小腹がすいたのでおやつを準備。
キリクリームチーズがあったので、レーズンと一緒に。
飲み物は、グレープフルーツジュースにペリエを入れたもの。
[PR]
by monchan412 | 2011-07-25 14:42 | 映画・演劇
<< クロード・ペリ「幸せになるため... チュニジア風ラム肉のクスクス >>