カテゴリ:FRANCE( 37 )
15.fevrier.2010 マレ地区、merciへ
ノートルダムをあとにして、お昼ご飯。
お昼ご飯については、また後ほどまとめて日記にしますねー。

お昼ご飯のあとは、ステンドグラスの美しいサントシャペルへ....
と思ったら、フランス語やら日本語やらで「聖チャペルは、2月15日、この日閉じられるでしょう」の貼り紙。(予言!?)
今日じゃんー!涙 ついてないなー。
仕方ないね、って事で、シテ島を後にしました。

次に向かったのはマレ地区。
St Sebastien Froissart駅で下車して、最近るるぶとかで話題のセレクトショップ、"merci"へ。
a0153518_12225918.jpga0153518_12231221.jpg
merciは、子供服ブランドbon pointの創設者夫妻がオープンした、服、本、生活雑貨、花などを扱うセレクトショップ。
マークジェイコブスやA.P.Cなど、有名ブランドの服、Annik Goutalの香水、様々な雑貨、ヘルシーなカフェが一同に介していて、面白い♪
ミネトンカのショートブーツを買おうかどうしようか迷ったけれど、日本でも買えるよなぁ、て思ってやめちゃった。
日本って、世界のモノがなんでも揃っちゃう国ですよね。

ここから、St Paul駅付近の文房具専門店、"Melodies Graphiques"まで、お散歩がてら行きますよー^^☆
[PR]
by monchan412 | 2010-02-27 12:27 | FRANCE
15.fevrier.2010 パリ発祥の地にて
エッフェル塔を後にして、ノートルダム寺院へ!
そういえば、エッフェル塔、3種類の濃さの茶色で塗られているらしいですね!
エレベーターで降りる時、頑張って見たけれども、わからんかった。涙
けど、たまたまキオスクに売っていた、ポストカードのエッフェル塔、確かに濃さが違った!
茶色は茶色だけど、エッフェル塔はチョコレート色って感じします^^

さてさて、3度目の訪問となる、ノートルダム寺院。
セーヌ川に浮かぶ、シテ島にあります。
ここ、パリの発祥の地なんだそうです!
ここからパリの街はエスカルゴ状に広がっていったのですね。ふむふむ。
おぉ...とそんな歴史を想いつつ、ノートルダム。
a0153518_2135449.jpg

いつ見ても荘厳です。前からもいいですが...

a0153518_21375892.jpg

横から(地図で見たらpont au doubleって橋っぽい。正面にノートルダムを見て、右の方へ進むの!)も素敵です♪

a0153518_21385478.jpg

ノートルダムの向かいには、警察庁があります。
実は去年、ここで強盗に襲われた友人と私。なんて大胆な。
警察の方々に助けられ、何とか事なきを得たものの、とても驚きました...
警察庁内部に連れて行かれたり、パトカーに乗って移動したり、
事情聴取されたり、警察官が「食べる?」と自分の分の夕飯を勧めてくれたり(優しい)、
なんだか珍しい体験が出来てしまったので、今では良い思い出になっていますが、
パリのダークな部分を身をもって知る事になりました。

ノートルダム、本当は塔にも登りたかったのですが、凍結のため閉鎖...残念。
ノートルダムの中では、ミサの最中。
2ユーロでキャンドルと引き替え、灯してきました。
a0153518_21392920.jpg

世界が笑顔で溢れますように!
[PR]
by monchan412 | 2010-02-23 21:48 | FRANCE
15.fevrier.2010 エッフェル塔の見えないところ
昨日、もの凄い行列だった、エッフェル塔。
翌日、リベンジしに行ってきました!

エッフェル塔のオープンは9:30。
同時に入ってやるくらいの気合いでホテルを出発。(今日1組目のお客さんだったりして♪なんて)

・メトロのTrocadero駅からシャイヨー宮を通ってアクセス
・RERのChamps-de-Mars-Tour Eiffel駅からアクセス
この2つの行き方は体験した事があったので、この日は、Bir-Hakeim駅から歩いてみる事に。
a0153518_12502032.jpga0153518_12503758.jpg

Bir-Hakeim駅は地上駅。
駅を出てすぐに日本文化会館がありました。
可愛い日本語コンクールのポスターがあったので、ぱちり。
フランス語も難しいけれど、日本語もきっと難しいんだろうなぁ。

セーヌ川沿いに歩く感じです。
セーヌ川は、車道に阻まれて、近くはないのですが...川向こうに見える街並みが本当素敵!!
割と閑静な雰囲気で、良かったです☆
露天商のみなさんもあまりいないし^^
気持ちの良い道のりでした!
a0153518_1322593.jpg

毎回西側から入ってたので、今回は東側の入り口から。
すでに、並んでいる人がそれなりにいて驚き!
気合い入っている人、いっぱいいるのね!
ちなみに、北は閉鎖中、南は階段で登る人とレストランに行く人用の入り口みたいです。
エレベーターからの眺め、私は東側の方が好きかも!
西よりも、パリ市内の街並みがよく見える気が^^
a0153518_1343399.jpga0153518_1345088.jpg

2階(日本式では3階)からの眺め。エッフェル塔どこかなーって探しちゃいました笑
a0153518_135695.jpg

スリに注意の看板。犯人赤いです。禍々しい。
最上階へは、この階でエレベーターの乗り継ぎ。
a0153518_1320764.jpg

朝イチで入ったのに、人いっぱい!
ちなみにこの日の気温、3℃!さぶっ!冷蔵庫並!ぶるぶるー
待ち時間、各国のイケメン・美女探し笑
最上階まで行くと、さらに寒ーい!吹きさらしの中、朝のパリの街を見下ろしてきました~
ちょっと霧がかかったところに、朝日が差しててちょっと幻想的!きれいだったぁ^^

お次は、ノートルダムへ☆
[PR]
by monchan412 | 2010-02-21 14:24 | FRANCE
14.fevrier.2010 ニシム・ド・カモンド美術館
a0153518_16182083.jpg

モンソー公園のそばに建つ、20世紀初期の邸宅が美術館になっています。
ベルエポックの銀行家、モイズ・ド・カモンドが熱心に収集した、質の良い18世紀フランスの家具一式や調度品、美術工芸品などが展示されています。
建物自体は、ヴェルサイユ宮殿のプチトリアノンがモデルになっているそうです。

この美術館、山本ゆりこさんの本に紹介されていて知りました。

a0153518_1617539.jpg

メトロでVillier駅へ。このあたりは、閑静な住宅街といった雰囲気。とても静か!

a0153518_1626448.jpga0153518_16185955.jpg

中庭を通って、建物の中へ入ります。
中はさすが御邸宅!こぢんまりながら、重厚な雰囲気です。
でも、"絢爛豪華で居心地悪い"系じゃないです。
お金持ちで育ちのいい坊ちゃんのお家に遊びに来ました、って感じ。

a0153518_1629613.jpga0153518_16323618.jpga0153518_16331545.jpg

左:食事を作る場所だったのかな?たくさんのフライパンや大きなグリル釜などがあった部屋
中:使用人達の食堂。
右:洗面所。白地にブルーの模様が入ったタイルで、清々しい印象。

写真撮り忘れちゃったんだけど、好みの部屋に遭遇!
それはモイズさんたちが食堂として使っていたと思われる部屋。
淡いラデュレグリーン(伝わりますか?)の壁紙で、爽やか上品♪

入場料はどうやら7ユーロ。
今日記に書いてて気付いた。私達、入場料払ってない!笑
払う場所は何となく見当が付きます。が、単なるオーディオガイド貸し出し場だと思ってました。
地元の人か、コアなパリ旅行者が来ているような感じでした。
ここ、良いです。

ニシム・ド・カモンド美術館のあとは、、Champs-Elysees Clemenceau駅近くの切手市へ。
切手ブックを作り始めた妹が、行きたがってた場所です。私も興味あるー!

市場といえ、この日立っていたのは一軒だけ!
切手を見たいんです、って言ったら、"どの国のが見たいんだい?"だって!
フランスをはじめ、各国の切手があるようです。
しかも、使用済みだからか、とても良心的なお値段で譲って貰えるのです。

大きくて古そうなコラージュブックに、きちんと保管された切手たちをピンセットでつまみながら選びます。
妹はフランスの切手から何枚か購入していました。

切手だけでなく、ふるーい各国の使用済みポストカードも。
戦争の時、戦場へ赴いた兵隊さんが、家族に宛てて出したと思われるものもありました。
誰かのやりとりを手元に置くつもりはないですが、いろんな人のお喋りが聞こえてくるようで、面白い市場でした。

お店のご主人もとてもいい人だったのですが、古物商的なお客さんに付きっきりだったので、お話しできず残念。
今度は切手やポストカードを入手した時のエピソードなど、聞いてみたいです。

そういえば、バレンタインデーだった!
a0153518_1655496.jpg

シャンゼリゼ通りのラデュレは、ブティックもサロン・ド・テも、行列!
a0153518_1657385.jpg

写真の手前2人は、うんざりした様子で列を離れて行きました。
a0153518_17235589.jpg

ちょっと離れた場所から凱旋門。
登ってもあんまり面白くないので、お姿拝見のみで終了。

2月14日に回ったのは、ヴァンヴの蚤の市、エッフェル塔、ニシム・ド・カモンド美術館、切手市、シャンゼリゼ大通り。
初日から良く歩きました!
[PR]
by monchan412 | 2010-02-20 17:26 | FRANCE
14.fevrier.2010 エッフェル塔
ヴァンヴの蚤の市のあと、モンパルナス駅周辺でランチ。
食べたものについては、後でまとめて紹介します♪

ランチの後は、エッフェル塔へ!
Montparnasse bienvenue駅から、メトロにて移動。
途中、Bir-Hakeim駅あたりの何駅か、地上を走ります。
メトロからのエッフェル塔。
a0153518_14292971.jpg

目的地は、Trocadero駅。
シャイヨー宮からエッフェル塔に向かいます。

シャイヨー宮もですが、エッフェル塔付近には、御当地グッズをじゃらじゃら持って売り歩く、露天商がたくさん!!
私は買いませんが、韓国や中国の若い観光客が、興味を示している場面を何回か見ました。

大きなわたあめを持った子供達。
a0153518_14271444.jpg

シャイヨー宮の麓にある、メリーゴーランドの前で。
わたあめって、フランス語で"barbe a papa(バーバパパ!)"
あのキャラクターは、わたあめをイメージしているのかな??
barbe a papa、直訳は"パパのあごひげ"! かわいらしい^^

エッフェル塔に登ろうと思ったら、ものすごい人!!
今日は登るのをやめて、シャンドマルス公園を散歩しながら、エッフェル塔鑑賞することに。
平和のモニュメントと共に。各国の言葉で"平和"って書いてあります。
a0153518_14311274.jpg

つまんでみました。
a0153518_14321366.jpg

冬の佇まい。
a0153518_14323940.jpg


次は、ニシム・ド・カモンド美術館へ向かいますよ♪
[PR]
by monchan412 | 2010-02-20 14:35 | FRANCE
14.fevrier.2010 ヴァンヴの蚤の市
a0153518_2316863.jpg

パリの蚤の市と言えば、"クリニャンクール"、"ヴァンヴ"が有名でしょうか。
るるぶとかことりっぷにも載ってますね^^
誰かが大切にしていた物だったり、古い物だったり、
蚤の市はそんな物語を秘めた宝物の市場のようで大好きです。

といっても、「庶民的」というガイドブックの言葉に惹かれて、ヴァンヴの蚤の市しか訪れた事がないのですが。

今回も、もちろんヴァンヴへ!
a0153518_23212258.jpg

メトロを乗り継いで、porte de Vanves駅で下車。
晴れていて良かった!
a0153518_2341719.jpg

冬の朝の、冷たく澄んだ空気が、まだ心地よく感じます。(この日の気温、2℃。のちに凍えて泣きそうになる)

お店を見て回りながら、目をきらきらさせた陽気なおじさんやおばさんとお話しするのが楽しい。

"この時計、とてもキレイでしょ?ここのフォルムが..." と、こだわりをもって説明してくれたり、
"どこから来たの?日本?オハヨウゴザイマスー笑" と、得意気に日本語を使いながら、気さくに話しかけてくれたり。
a0153518_232416.jpg

おじさんたちとのお喋りが楽しいと、何か買っちゃおうかな?という気分になる。
誰かの思い出の詰まったモノが、さらに思い出深いモノになるんじゃないだろうか。

そうしたやりとりやエピソードがあるから、ここでの買い物は楽しい♪
また次の旅行でもきっとここに遊びに来ると思う。
[PR]
by monchan412 | 2010-02-19 23:44 | FRANCE
13.fevrier.2010 4度目のパリへ
a0153518_2236829.jpg

仕事のお休みを頂いて、2.13からパリへ行ってきました!
今日のお昼頃に帰宅。
今回は、妹と二人旅。少しずつ、日記に起こしたいと思います。
----------------------------------------------------------
a0153518_22323331.jpg
12:45発のエールフランスに乗って、パリまで直行約11時間ちょっと。
2度の機内食と読書、機内散歩で、フライト中楽しんでました。
フライト半ばで、ふわっとおいしそうな匂いが!
正体は、カップラーメン!
エールフランスで、カップラーメン...
イメージ的にはどうなの?って思ったけど、あんまりいい匂いで食べたくなっちゃう!
だけど☆私は、旅行中のご飯を美味しく食べたいと思い、ぐっと我慢~♪
(でも、アイス食べちゃったから意味なし。)

そうこうしている内に、パリに到着☆
枯れた芝生に雪がうっすら残っていて、空はどんより曇り。
よく言われる、「冬のパリ」らしい風景。

ホテルまでは、旅行会社のミニバンで移動。
実は税関で時間食わされたり(たった1人しかいないオヤジ係員が、女子と見れば長話。ムカ。)、その他トラブルがあったので、予定より40分ほど遅く出発。
さらに、サッカーの試合があったので、大渋滞!
でも、お陰でプチ夜景が楽しめました♪
ライトアップされたサクレクール寺院、エッフェル塔、凱旋門。パリ気分が高まりますよー^^

ホテルは、opera駅から2駅先の、grands boulevards駅にほど近い、Bergere Opera。
とても移動がしやすくて、近くに大好きなクレープリーがあるので、重宝しています。
ここのクレープ、生地がもっちもちで、人の顔くらい大きいので、2人で1つ頼んでもお腹いっぱいになっちゃいます。
持ち帰り専門ですが、人気のクレープリーみたい!
お客さんが絶えないです。

夕飯に、ここのキノコとチーズのクレープ(写真撮り忘れたけど、持つとどっしり重い!)を買って帰りました^^
[PR]
by monchan412 | 2010-02-19 22:40 | FRANCE