<   2010年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
オペラ・ガルニエの蜂蜜チョコレート
11月のパリ旅行で、初めてオペラ・ガルニエ内部見学をしてきました。
a0153518_21291843.jpg

思ったよりこぢんまりしていてびっくり。
詳しくはママンさんの記事をご覧くださいませ☆

さて食いしん坊の私は、オペラ座で限定販売しているチョコレートを。
a0153518_21225790.jpga0153518_21235257.jpg


日本でもおなじみ、ピエール・マルコリーニのチョコレートです。
マルコリーニらしくビターで、薄めのチョコレートですが、中にとろりとしたものが。

ところで、オペラ座内で蜂蜜が採取されているのをご存知でしょうか?
それにちなんでか、このチョコレートに入っている「とろり」は蜂蜜のようです。
百花蜂蜜みたいに、独特で柔らかい風味がします。

チョコレートファンの方はぜひ食べてみてもらいたい一品です。
[PR]
by monchan412 | 2010-12-19 21:30 | FRANCE
シュトーレン食べくらべ1:::Acacier
みなさんはシュトーレンをご存知でしょーか?
シュトーレン(stollen)は、ドイツ・ドレスデン発祥のクリスマス時期に食べるパン。
洋酒に漬けたドライフルーツやナッツ、たっぷりのバターを加えた生地を2つ折りにして発酵させ、焼いたものに、たっぷりの粉砂糖を掛けたものです。

クリスマス4週間前の日曜から、毎週末一切れずつ食べてクリスマスを迎えるという慣わしがあるそうです。素敵☆
日が経つにつれて素材やスパイスがなじんで、味わいが変わっていくのも楽しみのひとつ。
ちなみに、VIRON(パン屋)によると
粉砂糖の表面に洋酒が染みて黄色っぽくなったら食べごろ
とのこと。

私、このシュトーレンが大好きなのです。
まだ本場のものを食べた事がないので伝統的な味は知らないんですが...。
最近、いろいろなお店で見かけるようになったので、食べ比べをしてみることにしました^^

第1弾。
近所のパティスリー"アカシエ"
a0153518_1193422.jpg

ハーフサイズ:¥2,100
リボンがサテンぽい赤で、贈り物にもいい感じ。
ハーフサイズでもどっしりしています。

a0153518_11192575.jpg

お、マジパン入りです。
生地はパンっぽくない。むしろ、生地がもろもろしたスパイスフルーツケーキ。
"お菓子屋さんのシュトーレン"という感じです。

フルーツやナッツは上品に入っているなーと思います。
私はもっとごろごろ入っている方が好きだなぁ

濃いめに淹れた紅茶と合いそうです。
[PR]
by monchan412 | 2010-12-19 11:27 | おいしいもの
辛味絶佳!な生姜飴
a0153518_23472314.jpg

"うどんや風一夜薬"の生姜飴。
知り合いが一番おいしい生姜飴と言っていたのを聞き、食べてみました。

飴なのに、すごい生姜の繊維を感じます...
そしてぴりぴりー
一緒に食べた人は辛味に若干むせてましたが、本当おいしい!

とりあえず、生半可な飴ではありませんでした。
がつんと生姜が効いていて、衝撃的&刺激的!
生姜エキスだけでなく、蒸生姜も入ってて、砂糖も黒砂糖。

めっちゃ身体に効きそうです。

ちなみに私が食べたのは一番辛い「辛味絶佳」。
中辛もありますよ。
[PR]
by monchan412 | 2010-12-18 23:47 | おいしいもの
DURANCE:::Brume d'oreiller
私の好きなものは、あとあと調べてみたらフランスと繋がりがあった、というものが結構あります。

例えば私が初めて買った、部屋で焚くアロマオイル。
新宿のキャトルセゾン(今はアトリエパリジェンヌに店名が変わっています)に置かれていたDuranceのものでした。
現在も気に入ってたまに使っています。
a0153518_1283362.jpg

11月のパリ旅行で、初めてDuranceの路面店に行ってきました。
サンジェルマンデプレのお店で、メゾンデュショコラやお気に入りの本屋、シャントゥリーブルの近くにあります。

こじんまりしたお店は、ナチュラルで心地よい香りに満たされていて、所狭しと香りものの商品が並んでいます。
a0153518_129359.jpg

今回買ったのは、Brume d'oreiller(ピロースプレー)。
同期のKちゃんが分けてくれたロクシタンのピロースプレーが少なくなってきたので、何か新しいピロースプレーが欲しかったのです。
(ちなみにロクシタンのはファイブハーブスの香りですよ♪)

たくさん香りの種類があって、お店の人が試させてくれました。
甘めの香りと迷ったけれど、最終的に決めたのは菩提樹の花の香り。
すっきりした香りの中に、ちょっとスモーキーでしつこくない甘さが感じられます。
不思議と落ち着く香りです。

菩提樹の花がどんなパワーを持っているか調べてみました。
ストレスなどの鎮静作用、安眠効果があるそう。
疲労回復、神経性の頭痛にも良いそうですよ。

また、菩提樹の葉はハーブティーとしてフランスではポピュラーなようです。
枝には利尿作用、脂肪分解、発汗作用もあるみたい。
どんな味なんだろうー??

Duranceは、南仏プロヴァンス地方が発祥。
製品に使用するエッセンス・香料はできる限り自社の畑で有機栽培し、
その他の香料も厳選されたものを使用しているそうです。
いつか工場見学とかいってみたいなぁ。
[PR]
by monchan412 | 2010-12-12 12:25 | living!
Poilaneのアップルパイとクッキー
a0153518_2055161.jpg

ずっとずっと気になっていたブーランジュリー、Poilane。
おいしいもの好きフラ語仲間のKOZKOZさんやMさんからも話を聞いていて、
今回の旅では絶対に行こうと思っていました。

冒頭の写真は、「punition(罰)」という名のついたクッキー。
焼きすぎたものや焼き色が薄すぎたもの、形がちょっと悪いものの詰め合わせ。
粉と砂糖と卵とバター。
シンプルで素朴だけど、すごく味わい深い。
これ、絶品です!とまらんー!危険!
私は焦げ茶よりもさらに濃い色くらいの焼きすぎちゃったのが香ばしくて好き。

a0153518_2115469.jpg

夕飯に頂いたカンパーニュとアップルパイ。
なんと、お店でばったりMさんと旦那さんと遭遇!
そこでアップルパイをお勧めしてもらったんです〜^^

パイ部分はさっくりした練りパイ。(層になってないやつ)
中のりんごは酸味が効いています。
手作りみたいでほっとするなぁ。

パンも素朴でおいしい!
うちの近くにもあったら毎日買っちゃうのにー。
ちなみに、カンパーニュそっくりのクッションも売っているそうですよ...♪

またパリに行ったときは寄りたいお店になりました。
[PR]
by monchan412 | 2010-12-08 21:15 | FRANCE
アルベール・メネスのPETITS BEURRE DE LORIENT
a0153518_2019193.jpg

ボンマルシェのグラン・エピスリーで完全パケ買い。
レトロでなんてかわいいのー!

塩がさりげなく、でもぴりっと効いた薄くて固めのビスケットに、
片面だけビターチョコレートが塗られています。
個人的には、ビターじゃなくてミルクだったら良かったなーと思います。
チョコレートなしのビスケットのみも売られていました。

アルベール・メネスは食材店で、特にスパイスなど有名のようですね。
パリの8区にお店があるそうです。(41,bd Malesherbes 75008)
食材店のビスケットだけあって、素材にはこだわりがあるみたいです。
とっても新鮮な卵とか。ちょっとbeurre de baratteっていうのがわからなかったけど...
でもバターはブルターニュ産のようです。

食材店と言えば、山本ゆりこさんが本で紹介していた、「Da Rosa」というお店も気になっています。
ソーテルヌ風味のレーズンチョコがあるのだとか...

今回たまたま別の場所で、ソーテルヌ風味レーズンチョコを見つけて食べてみました。
うーん、レーズンの周りにうっすらシャリシャリした糖衣がかかっていて、
私の好みではありませんでした〜。
残念。


レーズンにチョコが掛かっただけのものが理想なのですが..
ますますDa Rosaのに期待がかかります。
[PR]
by monchan412 | 2010-12-05 20:39 | FRANCE
アンヌ・フォンテーヌ「ココ アヴァン シャネル」
a0153518_1955636.jpg

いわゆる「ブランド」にはあまり興味ないのだけど
有名ブランドを設立した女性ってどんな人なんだろうなーと思って気になっていた映画。
大好きなオドレイ・トトゥだし!

映画では、ココの小さい頃(ほんの一瞬)からシャネルのブランドを立ち上げるまでが描かれています。
ココという名前(あだ名?)の発祥とか生い立ち、
男女の"こうあるべき"みたいな時代背景も分かって興味深かった。

ココの媚びないところや意志の強さがカッコ良かったなぁ。
なんだか元気をもらった気がします。
[PR]
by monchan412 | 2010-12-05 20:12 | 映画・演劇
フランソワ・オゾン「8人の女たち」
a0153518_2155022.jpg

2年前のこと。
ヴィシーへ留学中に「8人の女たち」で使われている歌でディクテした。
と、別のクラスの子から聞いて知った映画。

フランス映画にあまり詳しくない私でも分かるほどの大女優のオンパレード!
見応えあります。
フランソワ・オゾン監督は、女優ばかりが出てくる映画を撮ってみたかったそう。

密室の中、マルセル(この映画で唯一映像に出てくる男性)が殺された。
居合わせた8人が、犯人はこの中のいったい誰かを追及する中で、様々な真相が明らかになっていく...
のが物語の大筋です。

話は深刻だし、
明らかになっていく真相は重たい内容だし、
どろどろした女の残酷さや計算高さが全面に出ているというのに...

劇中には歌あり踊りありで、ミュージカルのよう。
服装もポップな色調。

不思議と楽しく、軽く観られる映画でした。
後に引きずる感じもなくって良いです。

思いつきで借りてみたんだけど、結構引き込まれて観てしまった。
フランソワ・オゾン監督の他の作品も観てみたいなぁ。
[PR]
by monchan412 | 2010-12-04 21:34 | 映画・演劇
youtube動画公開しました〜
トイデジParisの記事で、
youtubeを通してトイデジ動画アップしてたのだけど...

非公開設定にしていたので、私しか見られなかったみたいです汗

公開設定にしたので、短いですが良かったら見てみてくださいね^^
[PR]
by monchan412 | 2010-12-04 17:20
LADUREEでランチ☆ @Paris2010.Nov
a0153518_12465455.jpg

今回の旅の目的のひとつ、「ラデュレでランチすること」。
写真は私がオーダーした、Club Bonaparteというサンドイッチ。
シリアル入りのパンド・ミに、少し生っぽさが残されたドライビーフやオニオン、ドライトマトなどが挟まれています。
ビーフに少し風味があります。八角に似た味かな。
老舗のお行儀良い感じの中に、ワイルドさをふっと感じるサンドイッチでした。(なんじゃそら

a0153518_2158541.jpga0153518_21572145.jpg

こちらはママンのClub LADUREEというサンドイッチ。
チキン、レタス、ゆで卵、ベーコン、オニオンなどが挟まっています。
オーソドックスな味で、しつこくなくっておいしかった!

ママンと1個ずつ交換して食べて、とっても良かったです。
ちなみに1皿はサンドイッチと言えどなかなかボリューミー。

日曜昼時のため、店内はいっぱい!
a0153518_13544465.jpg

私たちも一度店に訪れたら満席で、運良く50分後の席を予約する事ができました。
観光客があまりいなくてパリ在住気分〜笑
落ち着いた古い店内。
楽しそうなお喋りで賑わっていました。

ラデュレはパリ市内に何店舗かあります。
私たちがランチしたお店はマドレーヌ寺院にほど近いところ。
さりげなく、でも老舗の風格を漂わせて建っています。
a0153518_13481668.jpg

本店(LADUREE Bonaparte)かと思いきや、LADUREE Royaleのお店でした。
....帰国してから気づいたんだけど笑

a0153518_13505345.jpg

ショーウィンドウ。
ケーキやうきうきするようなディスプレイ。

a0153518_13514095.jpg

このハートのマカロンケーキは、朝通りがかったときに発見。
私たちがランチする頃にはなくなっていました。

結婚記念日とかバレンタインデーに食べたいなぁ
もしくはお家での女子fete(女子会)に買っていきたい!
なんて妄想するのでした。
[PR]
by monchan412 | 2010-12-04 14:06 | FRANCE